部にスカウトしましょう

部にスカウトしましょう

この人XX部にスカウトしましょう、な文脈で用られる。

せつ

基本的は、「まだXX部加入してが、その部で活躍できる才能があなので是非ともはいってほひとして発せられる賛辞としてられてるものと思われるが、次のよな事例もあ、気が抜けな

この人断片部にスカウトしましょう

よくわからなが、ここで言「この人」がid;nisemono_sanさんであるならば、id;nisemono_sanさんはこの時点です断片部日記を書る人であるからして、そのひと断片部スカウトするとのは理屈してあべこべである。だがそれがいい。みたなことなのか。ともかくこのとき、laiso氏のなかでなんらかのこころの揺れ動きがじ、おもわず自身が当時所属してた(かもnisemono_sanさんも所属済みの)断片部スカウトした!」と衝動かられたものと思われる。氏がブクマコメントを残すこと自体がわあいので、たぶんよほどの何かがもごもごなったのであろと思。おやすみの時間なので、そろそろ筆を置かせてただく。