何で僕にばっかり烏龍茶こぼすの!

何で僕にばっかり烏龍茶こぼすの!

玲草さんに言ってほしい言葉

シュチュエーション1

朝ふと悪寒のする悪夢を見た玲草さんが目を覚ますと烏龍茶がこぼしてあった。烏龍茶は玲草さんの身体に降りかかっていて、玲草さんは濡れ場であった。朝食を食べる。かえるくんの人形とクマのプーさんの人形にご挨拶して朝食を食べる。するとザムザという名の昆虫が現れて、烏龍茶をこぼしていく。玲草さんの怒りは日ごとに募る。

仕事に行く途中玲草さんは歩いていった。遅刻なのに。それは格好悪いためである。しかし、ここでもまた悪いタイミング女の子烏龍茶をこぼして言った。「だ、だ、だいじょうぶですかーー!?」「大丈夫じゃないです」玲草さんはクールに言う。

玲草さんの怒りは日増しに募る。

仕事先でお茶くみの女の子がまた烏龍茶をこぼす。玲草さんずぶぬれ。「何で僕にばっかり烏龍茶こぼすの!

シュチュエーション2

は誰か考えてください

→なんぼく。南北戦争鶴屋