ハイハット法

ハイハット法

ハイハットシンバルを叩た音の波形から乱数を成する方法。

物理乱数の一種であ、他の物理乱数の成法としてられる熱雑音や放射性崩壊比べて、成器と検出器を単純構成できるのが利点である。シンバルの音は一般ホワイトノイズ近く、乱数成の種としてのに都合がよ。更クローズ法とハーフオープン法分けられ、必要な乱数の種類応じて使分ける。